「LITALICO研究所 OPEN LAB」は、
社会的マイノリティに関する「知」の共有と深化を目的とした、
未来構想プログラムです。

さまざまな分野で活躍する当事者・専門家・起業家の方々を講師としてお招きし、社会的マイノリティ領域の歴史や課題、解決策、そして未来のビジョンを探求します。2019年7月〜2020年3月まで、毎月一回、全9回のシリーズ講義を実施します。

OPEN LABの知は、自分たちが生きる今と未来をより善いものにしていこうと願う、すべての市民のためのものでありたいと思います。

障害や病気のある当事者の方、経済的に困難な方や遠方におられる方も含め、あらゆる人にオープンな知のコミュニティとなるよう、以下のような情報保障や合理的配慮を、すべての講義において実施します。

  • 講演会場での合理的配慮(ライブ文字起こしや休憩スペースの確保)
  • 経済的に困難な方へのスカラーシップ制度
  • オンライン受講制度
  • レポート記事・レポート動画の無料公開
  • レポート記事の英文翻訳

講義で扱うテーマは、いずれも簡単に「答え」が出ないものばかりですが、私たちの今と未来に深く関係する大切なテーマです。

障害のある人を取り巻く環境や社会認識は、これまでの歴史でどのように変わってきたのか。

ちがった特性を持つ一人ひとりが、周囲とのかかわりの中でどのように自分らしく生きていくことができるのか。

テクノロジー、福祉、企業就労、地域コミュニティ、当事者を取り巻く環境はどんな可能性を秘めているのか。

そして「生きる」ということを、いったい誰が、どのように決めるのか。そこで問われる倫理は何か。

歴史と現在、個人と環境、その「あいだ」に目を向けながら、社会的マイノリティに関するさまざまなテーマについて問いと探求を深める旅路です。

共に語ろう、未来を描こう

ぜひあなたも、OPEN LABが育む知のコミュニティに参加してください。

LITALICO研究所OPEN LAB 講義概要

日時:

平日19:30〜22:00頃
※各回日程は講義詳細ページにて

場所:

株式会社LITALICO セミナールーム(東京・中目黒)


定員:

各回50名
※オンライン受講制度あり

参加費:

6,000円
※クラウドファンディングサイトGoodMorningにて「先行予約券」として発行中(7月7日23時59分まで)

4,000円
※イベントチケット販売サービス「Peatix」にて、各回の講義への当日参加チケットを抽選で販売予定です。

その他:

レポート記事・レポート動画の無料公開あり
会場での情報保障あり(ライブ文字起こし等)